属性

アビリティや装備品のパラメータの一つ。
各属性の間に強弱関係がある。

 
 

効果

自分の属性

自分の属性を上げると、自分の使うアビリティの効果を上げることができる。

例:自分の光属性を上げると、ケアルの回復量が上がる。

敵の属性

敵にはそれぞれ属性が設定されている。その属性に強い属性の攻撃をすると効果が高くなり、逆に弱い属性の攻撃をすると効果が低くなる。

例1:火属性の敵に氷属性のブリザドをかけると、与えるダメージが上がる。
例2:火属性の敵に風属性のエアロをかけると、与えるダメージが下がる。

また、チョークやフロストといった敵の属性を下げる攻撃をすると、敵への攻撃の効果を高めたり、敵の攻撃の効果を弱めることができる。
注:2015年12月4日のアビリティ調整により、チョークやフロストから上記の効果がなくなった。

例1:チョークは敵の火属性を下げるため、以下の効果がある。
  • 敵にかけた風属性魔法の効果を上げる。
  • 敵の使う火属性の魔法の威力を下げる。

例2:フロストは敵の雷属性を下げるため、以下の効果がある。
  • 敵にかけた氷属性魔法の効果を上げる。
  • 敵の使う雷属性魔法の威力を下げる。

  • 最終更新:2015-12-09 06:04:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード